> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 携帯電話・モバイル

auの純増はプリペイド携帯か 

auの純増はプリペイド携帯か


遂に載ってしまったか。auの純増マジックが。


ソフトバンクに純増No1を奪われている上、春モデルの新機種が、不具合の連続で発売中止など。。。
ドコモの新機種は好調と、唯一好材料がないau。


それでも、契約数3000万人、純増3位、4位に落ちるわけにはいかないと、取った施策がプリペイドカード式携帯電話の無料配布。


知り合いに、auキツイだろ?と聞いたところ、
「プリペイド」のばら撒きしてるから、純増はソコソコいくんじゃない?との事だった。

1月末にその話を聞いた時に思い出したのが、


ソフトバンク純増を支えている、

  • 中小企業販売
  • 光●信の押し売り
  • 代理店への強制開通

を思い出す。

総契約数の少ないソフトバンクにとって、ドコモ・auに比べ純増数を増やすのは簡単。 強引な新規開通をすれば、見た目の数値は伸びる⇒そして純増No1⇒人気のキャリア と宣伝できる訳だ。

純増は新規から、解約数を引いた数。
解約率がみな1%としたら
ドコモ5300万契約:53万のマイナス
au2900万:29万のマイナス
SB1700万:17万のマイナス

こうみると、新規が同じ50万を獲得できると ドコモは5万のマイナス、auで21万のプラス、SBならなんと31万のプラスとなる!

純増=人気のある会社=みんなが選んでいるキャリアではないので、注意しよう

だって、俺の周りにソフトバンクユーザーなんて、増えてないし(たまたまか?)!


スポンサーサイト

comment

trackback

この記事のトラックバックURL

http://r25teki.blog19.fc2.com/tb.php/134-dc88d74a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。