> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 携帯電話・モバイル

auの純増はプリペイド携帯か 

auの純増はプリペイド携帯か


遂に載ってしまったか。auの純増マジックが。


ソフトバンクに純増No1を奪われている上、春モデルの新機種が、不具合の連続で発売中止など。。。
ドコモの新機種は好調と、唯一好材料がないau。


それでも、契約数3000万人、純増3位、4位に落ちるわけにはいかないと、取った施策がプリペイドカード式携帯電話の無料配布。


知り合いに、auキツイだろ?と聞いたところ、
「プリペイド」のばら撒きしてるから、純増はソコソコいくんじゃない?との事だった。

1月末にその話を聞いた時に思い出したのが、


ソフトバンク純増を支えている、

  • 中小企業販売
  • 光●信の押し売り
  • 代理店への強制開通

を思い出す。

総契約数の少ないソフトバンクにとって、ドコモ・auに比べ純増数を増やすのは簡単。 強引な新規開通をすれば、見た目の数値は伸びる⇒そして純増No1⇒人気のキャリア と宣伝できる訳だ。

純増は新規から、解約数を引いた数。
解約率がみな1%としたら
ドコモ5300万契約:53万のマイナス
au2900万:29万のマイナス
SB1700万:17万のマイナス

こうみると、新規が同じ50万を獲得できると ドコモは5万のマイナス、auで21万のプラス、SBならなんと31万のプラスとなる!

純増=人気のある会社=みんなが選んでいるキャリアではないので、注意しよう

だって、俺の周りにソフトバンクユーザーなんて、増えてないし(たまたまか?)!


> 携帯電話・モバイル

ネット広告費6,003億円 携帯電話は1億台! 

ネット広告費が伸びていく現状

電通は(2008.02.20)、2007年の日本の広告費は7兆0,191億円、前年比1.1%増という内容が発表された。

日本の総広告費は7兆191億円。
2005年から3年連続で前年実績を上回ったそうです。

媒体別

  • 「新聞」9,462億円(前年比94.8%)で減少
  • 「雑誌」は4,585億円(同96.0%)で減少
  • 「ラジオ」は1,671億円(同95.8%)で減少
  • 「テレビ」は1兆9,981億円と減少して2兆円を割る
上記「マスコミ4媒体」は、前年比97.4%の3兆5,699億円で、3年連続して前年を下回っているそうだ。

その中、インターネット広告費は、媒体費+広告制作費で6,003億円。媒体費は4,591億円(同126.5%)と伸びているという。確かに新聞は取らないし、ラジオは高校生の受験勉強以来聞いてないし、テレビよりPCに向かっている時間も多いかな。最近は 任天堂Wii やってるしね。


モバイル1億台市場で伸び率アップ

ネット広告が伸びている背景は、やはりモバイル(携帯電話)。
「モバイル広告費」が621億円、「検索連動型広告費」が1,282億円となっている。インターネット広告制作費は前年比118.1%の1,412億円

確かにmixiもモバイルがPVを上回り、ニコニコ動画もiモード公式サイト化と、携帯電話コンテンツは拡大路線。 しかも、FOMA905iなどのHSDPAによる高速通信が可能になったのも大きい。ストリーミング+広告なんてのもあり。

しかも、最近の携帯サイトは、overture・google adsenceもモバイル多いですもんね。 問題はフィルタリングだけでしょうか?

コンテンツ作る技術のある方は、モバイルもドンドンやってみてください!携帯の可能性は、まだまだあるだろうし。

リンク

・ mixi ・ ニコニコ動画 ・ 電通

> 携帯電話・モバイル

ドコモFOMA705iμのレビュー記事 

NTTドコモFOMA N705iμのレビュー

2月15日発売の、NTTドコモの超薄型ケータイ、N705iμのレビュー記事があったので 紹介します。
前・後編で構成されているので、NEC製のFOMAが好きな人には ピッタリのサイトです。


自分は906iまで待ちますが。
ちなみに、世間では、P905iが大人気のようですね。


玉木宏さんファンも

今回のレビューの最後には、CMキャラクターの玉木宏のクリアファイルが抽選であたるようだ。残念ながら画像はなかったけど。 。

DoPlaza Nの体験レポート N705iμ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。